ツイッターのスペースは鍵垢でもバレる?

この記事では、Twitter(ツイッター)の機能「スペース(spaces)」の使い方や鍵垢でもバレるのかどうかを紹介しています。

スペース(spaces)は、Twitterの新機能で音声で会話を楽しむことができます。2021年に流行したClubhouse(クラブハウス)というSNSと似た機能です。1人のユーザーがホストとなり、スペース(space)を始めれば、他のユーザーは参加することができ、ホストのトークを音声で聴くことができます。

Twitterは匿名性が高いSNSとなり、スペース(space)に参加したとしても、参加したことがバレたくないと考えるユーザーもいるでしょう。鍵垢でスペースに参加すれば、ホストにバレるのでしょうか?

気になる方はぜひお読み下さい。

スペースは鍵垢でもバレる?

ツイッター(Twitter)のスペース(spaces)は、ホストから参加者、スピーカーの全員が一覧で表示されるため、誰が参加しているのがわかります。ですから、自分が参加していることはバレることになります。

スペースの足跡機能

スペースには足跡機能が備わっており、一瞬でも参加すると参加者として履歴が残るため、参加していたことがバレます。

鍵垢と公開アカウントでもバレる

鍵垢でスペースに参加したとしてもバレるので気を付けましょう。自分の投稿などは他のユーザーには見えませんが、スペースに参加していることは、公開アカウントと同じくバレてしまいます。

スペース(spaces)に参加するのにログインする必要はある?

スペースはTwitterの機能なので、ツイッターのアカウントでログインしなければ利用することはできません。ログインしなければ、バレることはないと考える方もいると思いますが、ログインせずに参加することはできません。

複数アカウントを所有している人は、バレてもいいアカウントでスペースに参加するといいと思います。ユーザー名などが変わったものでなければ、怪しまれることはないでしょう。

まとめ

この記事では、ツイッターのスペースは鍵垢で参加してもバレるのか?バレずに参加する方法はあるのかを説明しました。現在のスペース機能であれば、バレずに参加することはできませんでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。