ティックトックライブができない?条件や権限が必要?

この記事では、ティックトック(TikTok)ライブができないとお困りの方に、ライブを行う条件や権限について解説しています。ティックトックは幅広い世代に利用されている人気のアプリです。魅力的な動画をいくつも見ることができますし、動画に直接コメントを残すこともできます。

利用している人の中には、「自分でもライブがしてみたい!」と考える人も多いのではないでしょうか?

こちらでは、ティックトックライブの条件や権限について、わかりやすくお伝えしているので、ぜひ最後までお読み下さい。

ティックトックライブに条件(権限)はある?

ティックトックライブは、人気アプリティックトック(TikTok)の機能の一つでライブの視聴/配信を行えます。

試聴は誰でもできるのですが、配信に関しては全てのユーザーができるわけではなく条件が定められています。

2022年4月1日現在、ティックトックライブの配信を行う条件としては、フォロワー数が多い上位2000位のユーザー(TikToker:ティックトッカー)のみ。人気のティックトッカーだけにライブ配信の権限が与えられている状況です。

したがって、2001位以下のユーザーであれば、例えフォロワー数が多かったとしても、ティックトックライブを行うことができません。

一般人(ユーザー)がTikTokライブを配信できるようになる?

現在、ティックトックライブ配信ができるのはフォロワー数上位2000位までの人気ティックトッカーに限定されていますが、ライブ配信機能が今後ますます人気となれば、一般人(一般ユーザー)にも配信機能が解放されると考えられます。

2020年12月6日に行われたティックトックのライブクリエイターズイベント「TikTok CREATOR’s LAB.2020 -REFLECTIONS-」で、2021年1月からギフティック機能(投げ銭機能)が実装される予定だと発表されました。

このように、今後も新しい機能が追加され、利用者が増えると予想されるので徐々に一般ユーザーに公開されていくでしょう。

まとめ

ティックトックアプリをインストールしておけば、時間があればすぐに見てしまいます。それだけ中毒性が高い人気のアプリでライブ配信ができるとわかれば、試したいと考える方も多いですよね。

正攻法でいくとフォロワー数を増やすために「バズる動画」を作るといいですが、現実的にはなかなか難しいでしょう。

上記で述べたように、ティックトックライブは徐々に一般ユーザーに解放されていく流れだと予想されます。

現在は、ライブ配信ができない。となっていても将来的に解放される方向だと思うので、その時に備えてネタ集めをしておくと良いのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする