LINEでブロック削除したアカウントを復活させる裏ワザを解説

この記事では、LINE(ライン)アプリで、ブロック削除したアカウントを復活させる方法を詳しく解説します。

LINEのブロック削除とは、相手のアカウント情報を自分のLINEアプリから完全に消してしまう方法です。ですから、「非表示にしていたものを表示する」「ブロックを解除する」といったように簡単に解決する問題ではないです。

ブロック削除する相手はもう連絡を取ることがないアカウントだと思いますが、後になった「やっぱり連絡が取りたいと思った時に大変困ります。

こちらの記事では、ブロック削除したアカウントの復活方法をわかりやすく解説しています。復活させる方法を調べている方は、ぜひ最後までお読みください。

LINEでブロック削除したアカウントを復活する裏ワザはある?

ブロック削除したアカウントはLINEで表示されません。友だち登録されていないので、メッセージを送ることもできませんし、過去のトーク履歴も存在しません。これまでやり取りを行なったり、友だちだった形跡がアプリ内に一切残っていない状態です。

このような状態になればどのようにブロック削除したアカウントを復活させるか気になりますよね。それでは裏ワザを紹介します。

ブロック削除したアカウントを復活させる裏ワザ:電話番号・ID検索をする

LINEの友だち追加する方法として、電話番号検索、ID検索、ふるふる、そしてQRコードの読み込みがあります。この中からブロック削除したアカウントに有効な方法はどれでしょうか?

相手と直接つながっていない状態(LINE以外でコミュニケーションが取れたり、直接会える状態)場合は、ふるふるを試したり、LINE IDを聞くことはできますが、「ブロック削除」している状態であれば、現実的な方法とは言えません。

電話番号検索からアカウントを探してみる方法も、ブロック削除した相手の電話番号を調べても相手のアカウントは検索結果に表示されません。(ただし、相手の設定によっては電話番号でブロック削除したアカウントが表示されることはあります。)

ですから、上記で述べた方法はどれを試したとしても、ブロック削除したアカウントが復活する可能性は低いです。ここまで、読んだ方は「なんだ、じゃあブロック削除したアカウントを復活させることはできない」と思うでしょう。

実は、ブロック削除したアカウントを復活させることはできます。ただし、1つの条件が当てはまる場合だけですが。前置きが長くなりました。それでは、復活させる方法をお伝えします。

ブロック削除したアカウントを復活させる裏ワザ:グループトークを確認する

ブロック削除したアカウントと同じグループトークに入っているなら、グループ内でブロック削除したアカウントとメッセージのやり取りを行うことができます。

この方法であれば、相手に自分のアカウントがブロック削除されていても、自分が相手をブロック削除していたとしても関係なく、やり取りが行えます。

また、グループトークに参加しているメンバーリストから、ブロック削除したアカウントのアイコンを選択して、「友だちに追加」すれば、復活させることができると言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。アカウントをブロック削除する理由は様々だと思います。そして、後になって連絡が取りたくなることもあるでしょう。

そのような時に、ブロック削除したアカウントを復活させる裏ワザを知っていると助かることもありますよね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました