【LINE】送信取り消しを復元する裏ワザをわかりやすく解説

この記事では、LINEのメッセージの送信取り消しを復元する裏ワザについてわかりやすく解説しています。

トーク履歴のメッセージが「メッセージの送信を取り消しました」と表示されるなど、消されたメッセージは気になってしまいませんか?

送信取り消しされたメッセージは、「〇〇(トーク相手)がメッセージの送信を取り消しました」と表示されるので、逆に目立ってしまいます。

実は、この送信取り消しされたメッセージを見る方法があります。以下で確認方法について詳しくお伝えしますのでぜひお読みください。

LINEの送信取り消しを復元する裏ワザ

LINEのトーク画面で「〇〇(トーク相手)がメッセージの送信を取り消しました」と表示されています。この送信取り消しされたメッセージを確認するには、「既読回避アプリ のぞきみ きどくつけずに読むアプリ」を使用します。(※こちらのアプリはAndroidのみ使用することができます。)

こちらのアプリを簡単に説明すると、ポップアップ通知を保存して、見やすくリストに並べるものです。通知内容からメッセージを見ることができます。(ポップアップ通知をオンにする必要があります。)

トーク画面のメッセージを送信取り消しして表示されなくしたとしても、ポップアップの通知は履歴として残るので、送信取り消しされたメッセージを確認することができるということです。

LINEアプリのトーク画面では表示されない「送信取り消しメッセージ」も既読回避アプリ のぞきみを使用すれば、送信取り消し前のメッセージが削除される前の状態で表示されています。

また、メッセージだけでなくスタンプも復元することが可能です。

既読回避アプリ のぞきみを使用する際の注意点

既読回避アプリ のぞきみがインストールされていない期間の「送信取り消し」については確認することができません。ですから、まだアプリをインストールされていない方は、もしも「送信取り消し」された時のためにインストールすることをオススメします。

メッセージの「送信取り消し」と「削除」の違い

送信取り消しを復元する方法を上記でお伝えしましたが、LINEのトーク画面で自身が送信したメッセージを削除したくなった時の、メッセージの送信取り消しの方法についても紹介しておきます。

LINEアプリのトーク画面で自分が送信したメッセージを長押しすると「送信取消」「削除」の選択項目が表示されます。

メッセージを削除したい場合、どちらを選択すればよいのか悩んでしまう方のために以下で違いをお伝えします。

メッセージの「送信取消」

自分と相手のトーク画面から、指定したメッセージを削除する

メッセージの「削除」

自分のトーク画面から、指定したメッセージを削除する

もし、自分と相手のトーク画面から、指定のメッセージを削除したい場合は、「削除」ではなく、「送信取消」を選択してくださいね。

「削除」を選択してしまうと、相手のトーク画面ではメッセージが表示されてしまいます。

まとめ

今回は、LINEのメッセージの送信取り消しを復元する裏ワザについてわかりやすく解説しました。

お伝えしたアプリはAndroind専用となるので、iPhoneユーザーはできない方法となります。

もし、「送信取り消し」されたメッセージがどうしても気になる場合は、トーク画面の相手に内容を尋ねても良いかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました