Twitterの鍵垢のリプは届く?見る方法を詳しく解説

この記事では、Twitter(ツイッター)で鍵垢(非公開アカウント)からのリプ(返信)についての情報を紹介します。鍵垢からのリプは届くのかどうか知りたい人はぜひ最後までお読みください。

Twitterの鍵垢からのリプ(返信)は届く?

実はTwitter(ツイッター)の鍵垢(非公開アカウント)からのリプは、送り先の相手アカウントに届きません。鍵垢からのリプは届かないことを知らずに送っているユーザーは意外と多いようです。

鍵垢からのリプに気づくことは気づく?

ツイートにリプ(返信)された場合、リプがどれくらい届いているのか数字が表示されます。鍵垢からのリプも数字にカウントされるので、リプが届いたことは相手に伝わります。しかし、内容は送信先のアカウントからは見れないです。

鍵垢(非公開アカウント)からのリプ内容を見る方法はある?

鍵垢(非公開アカウント)からのリプ内容を見るには、鍵垢をフォローする必要があります。Twitterの鍵垢(非公開アカウント)は、フォローしているアカウント以外は自分のツイートやリプを見れない仕様となっています。

ですから、鍵垢からのリプ内容を見るには相手をフォローするしか方法はありません。

鍵垢からのリプは「誰から送られたのかわからない」

鍵垢からリプが届いても、ツイートの数字がカウントされるだけで、誰から届いたリプなのかわかりません。ですから、どの鍵垢が自分のツイートに対してリプしたのか確認するのは難しいです。

鍵垢で相手にリプ内容を見てもらいたい場合の方法

自分が鍵垢(非公開アカウント)を利用していてリプ(返信)を送る場合、内容を相手に伝えたいと考えるでしょう。その場合は、リプを送ってから一時的に鍵垢(非公開アカウント)から公開アカウントに数rといった方法がおすすめです。

リプのやり取りが終わってから鍵垢に戻せば、ツイートやリプは他のアカウントにやり取り後は見られることがありません。

一時的でも鍵垢を公開したくない場合はどうすればいい?

鍵垢(非公開アカウント)を絶対に公開したくない人もいるでしょう。その場合は、リプ専用のアカウントを作成すれば、相手にリプすることができます。

最近では、複数アカウントでTwitterを利用しているユーザーも多くいます。

鍵垢の状態で相手にリプ内容を伝える方法

鍵垢の状態でリプを送っても内容が相手に伝わらないと説明しました。鍵垢のままで相手にリプ内容を伝えるにはDM(ダイレクトメッセージ)を利用して下さい。

DMは、鍵垢のままでもやり取りすることができます。(ただし、相手がDMの設定で「誰からでもDMを受け取る」としている場合に限ります。)

相手にDMが届いた場合は、鍵垢の状態でやり取りができるので、リプで伝えたかった内容を伝えることができます。

しかし、リプを送りたい相手が人気のアカウントの場合、数多くのアカウントからDMが届いているかもしれないので、全てに連絡があるとは限りません。DMを送っても連絡が必ず来るというわけではないということは理解しておきましょう。

DMが送れない場合の対処法

相手のアカウントが「誰からでもDMを受け取る」設定にしていない場合は、鍵垢の状態でDMのやり取りをすることはできません。その場合は、一時的に鍵垢(非公開アカウント)から公開アカウントにするしかありません。

まとめ

Twitterを鍵垢(非公開アカウント)で利用している人はたくさんいます。鍵垢にする理由は様々だと思います。リプするためだけに公開設定を変更するのに抵抗がある場合は新しいアカウントを作成してリプを送る、もしくはDMを送って相手に自分の伝えたい内容を送れるか試してみましょう。