LINEのトークの「退出しました」とは?1対1方法は?詳しく解説

ライン(LINE)

こちらの記事では、LINE(ライン)の「退出」と「退会」の違いや1対1トークを退出する方法があるのかについて分かりやすく説明しています。
また、個人相手の1対1のトークでなぜ「退出しました」と通知されるのかもあわせて解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

そもそも「退出」と「退会」の違いは?

LINEのトークで「○○が退出しました」「○○が退会しました」と表示されることがあります。

「もしかしてブロックされた??」と心配になる方もいるかもしれませんが、そのような意味ではないので安心してください。

これらは、抜けたトークルームの種類と、抜けた理由によって「退出」「退会」という表現が使い分けられています。

退出とは、「トークルームから抜けた」という意味

「退出しました」が表示される場合は、LINEの複数人トークから誰かが抜けたときです。

退出すると、トークルームのトーク履歴や共有された写真などがすべて削除されます。
もう1度トークしたい場合は、再度トークルームを作成し、1からトークを始めることになります。

退会とは、トークルームではなく、「グループから抜けた」という意味

「退会しました」が表示される場合は、LINEのグループトークから誰かが抜けたときです。それ以外の場面では表示されることはありません。

グループを退会すると、そのグループのトーク履歴、共有された写真・アルバムなどが一切見れなくなります。もう1度グループでトークしたい場合は、既に参加しているメンバーから招待してもらう必要があります。

LINEの1対1のトークを退出することはできる?

結論から言うと、1対1のトークを退出することはできません。
複数人のトークでは「トークを退出」というボタンが存在しますが、個人トークにはこのボタンがありません。
つまり、トークを削除したり、トーク履歴・データを削除しても、相手のトーク画面に「退出しました」と表示されることはありません。

1対1のトークで「退出」と表示される唯一のケースがある

個人のトークでも唯一「○○が退出しました」と表示されるケースがあります。
それは、LINEのアカウントを削除したときです。
1対1のトークから「退出」することはできないので、「○○が退出しました」と表示される場合は、ほぼ確実に相手がLINEのアカウントを削除しています。

個人トークをやめたい場合は?

1対1の個人トークで、相手とトークをできないようにしたい場合は、相手をブロックするしか方法がありません。トークを削除したとしても、相手をブロックしない限り新たにトークを始めることができてしまいます。

どうしても個人トークをしたくないとき、迷惑なアカウントからメッセージが届くときなどは、ブロックしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました